第5回 かがわ・山なみ芸術祭2022

萌出(もえいづる)
塩江町エリア・5月26日(土)開幕
プレイベント開催中!

お知らせ

2022.05.26
イオンモール綾川でワークショップ開催のお知らせ
2022.05.20
「かがわ・山なみ芸術祭2022 SHIONOE」開会式オープニングイベントのお知らせ
2022.05.09
第2回「奥塩江」フォトコンテスト開催のお知らせ
2022.05.08
さぬきこどもの国ギャラリーでプレイベント開催中!

モノハウスアートチャンネル

テーマ

「萌出(もえいづる)

「石走る垂水の上のさわらびの毛要出(萌いづる)春になりにけるかも」

志貴皇子(しきのみこ)。今回のテーマ「萌出(もえいづる)」である。

人の中から思わず萌でたアートは美しい。人の本質が、かいま見える時である。そして人は、個々の個性が異なるからこそ、理解し合うために向かい合うことに価値があり、コミュニティーの基点としても無限の可能性を見出せると考えている。かがわ・山なみ芸術祭は、このような「アートシーン」を提供したいと考えており、そこから生まれる「もの」、「こと」の「萌出」を、この「場」に集まった人と共に共感し体験を重ねていきたいと考えている。

ご想像の通り、アートの世界は一見、自由奔放な世界に見えるが、実際は自由は稀有なもので、そう見えるだけで、本当に自由なアーティストなど、私はこれまでほとんど見たことがない。むしろインフェリオリティリー・コンプレックス(劣等感)渦巻く世界であり、容姿,体力,知的能力,学歴、性格,血筋,財産,社会的地位等々、つまり、対社会、対人間、そして対自己に関して、被害者となり加害者にもなって、底無し沼のような世界に沈んでいるのである。

思わず溢れ出たアートは尊い。このような「萌出」を、腐った土壌に置けない。尊い表現が「萌いづる」に相応しい「場」になることを模索しているのである。

かがわ・山なみ芸術祭 2022 AYAGAWA
実行委員長 倉石文雄

※参考資料
「萌出」について / 万葉集「石走る垂水の上のさわらびの毛要出(萌いづる)春になりにけるかも」 志貴皇子(しきのみこ)は天智天皇の7番目の王子で、皇位を争うことなく、生涯文化人であった、歌人として万葉集に繊細で美しい和歌を残している。現在の皇室は志貴皇子の直系である。

開催概要

名 称
第5回かがわ・山なみ芸術祭2022
テーマ
「萌出(もえいづる)」
会 期
2022年 5月21日(土)〜11月13日(日)
■ 塩江町エリア
5月21日(土)〜6月26日(日)
○ プレイベント(さぬきこどもの国ギャラリー) 4月12日(火)〜令和5年3月末
■ 綾川町エリア
10月22日(土)〜11月13日(日)
○ プレイベント(イオンモール綾川) 8月23日(火)〜9月4日(日)
開催場所
■ 塩江町エリア
高松市塩江美術館(関連事業「芸術の四国遍路展」)、高松市民病院塩江分院、高松市地域保健活動センター、ほんまもんの甘酒直売店、セカンドステージ、大西商店、奥塩江アートセンター、モモの広場、大滝山県民いこいの森 ピクニック広場
■ 綾川町エリア
四国ものづくり学校と周辺地区、枌所公民館、山田公民館、綾川町主基斎田記念館、西分公民館と周辺地域、羽床上公民館と周辺地域、松熊神社、いきいきセンター、めぐる Zero Waste Cafe(野外)など / イオンモール綾川(プレイベント)
主 催
かがわ・山なみ芸術祭2022 SHIONOE実行委員会
共 催
高松市・綾川町・さぬきこどもの国
後 援
香川県・香川大学

※コロナ感染症等のやむを得ない事情により、本企画が中止されることや企画内容が変更される場合があります。

展示会場
(塩江町エリア)

展示会場
◎会場間の距離の目安 会場間の距離の目安

アクセス

アクセスマップ
◉飛行機で来られる方
高松空港からタクシーで約20分
◉自家用車をご利用の場合
高松方面から、高松西IC又は高松中央ICで下車し、国道193号を徳島方面へ約40分
徳島方面から、脇町ICで下車し、国道193号を高松方面へ30分
◉JR・バスをご利用の場合
高松駅から約1時間、塩江バス停下車
【行先表示】 53番 栗林公園・塩江行
【のりば】高松駅バスターミナル 5番のりば / 高松築港3番のりば / 瓦町駅前 4番のりば
塩江バス停から旧上西小学校・モモの広場までは塩江町コミュニティバスをご利用ください。(約10分)
>> 塩江町コミュニティバス

基本理念

「かがわ・山なみ芸術祭」は、アーティストと地域住民が共同して芸術祭を企画運営し、地域の持つ歴史や地理的由来とアーティストの個性や独創性を有機的に融合させ、芸術文化の力で、新たな地域文化の創造と地域力を創出し、アーティストと地域の、両者の活性化につなげることに寄与していく。さらに、アーティスト・地域住民・行政が三見一体となった芸術祭を実現し、それぞれの視点から、話し合いを重ねることで「ものづくり」・「ことづくり」の新たな文化創出の場の形成を目的とする。

お問い合わせ

かがわ・山なみ芸術祭2022実行委員会事務局
NPO法人かがわものづくり学校
〒761-2202 香川県綾歌郡綾川町枌所西甲2060
TEL:090-7577-9114(倉石)
E-mail:kuraishi.fumio@gmail.com

KYAF